アクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆これからの英語教育!?
2006年10月02日 (月) | 編集 |
毎日、新しい内閣が発足して、教育基本法のことで議論がかわされている。

英語は、どの程度、勉強し必要なものなのだろうか?

意見は、さまざまであるが、ちょっとだけ、日本における英語を考えてみたい。


現状、日本における英語は日常生活に必要不可欠なものとはなっていないようである。

あくまでも科学技術や諸制度の吸収のための手段や通商の道具(商業英語)という位置付けである。

TOEICで一定以上の得点が出せないと重要なポストに就けない企業があるものの例外的な存在であろうか?


高校・大学受験、各種学校の必修・選択単位取得においては、英語を読解する能力が重視されます。

ただし、せっかくの読解能力も日本語での出版活動が盛んであること、多くの洋書が日本語へ翻訳されることから日常生活ではあまり役立たないのが現状です。

っとなれば、本当に必要な人にとっては、いかに実践的な英語習得法を考えるかが、重要であると思う。


応援クリックお願いいたします。
↓ ↓ ↓。(^o^)
banner_02.gif


スポンサーサイト
テーマ: 英語・英会話学習
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。